トップイメージ

アーティストと作曲

音楽行為の中で音楽の次第を考案する段階を作曲(さっきょく)という。西洋音楽にあっては具体的には作曲とは楽譜を作成する作業である。

音楽行為は次の3段階を基本に考えられている。

作曲 − 演奏 − 鑑賞

作曲を行いながら演奏することを即興演奏という。 また、作曲行為に付随して、作曲した曲を実際の演奏のために変容させていく行為が作曲から切り離された作業であるならばこれを編曲といいう。

作曲をした人を作曲者、作曲を業とする人を作曲家と呼ぶ。
西洋音楽における作曲

西洋音楽にあって作曲とは、旋律を作り、それを楽式に則って発展させ、和声を付けたり対位法的に対旋律を付けて肉付けをし、楽器法や編曲法、管弦楽法に基づいて楽器に当てはめ、最終的に楽譜に書き下ろす作業である。歌の場合には、旋律を作るときに歌詞に基づいて旋律を作ることが多いが、旋律に基づいて歌詞を作ることもある。
作曲様式

作曲様式には、大きく2つの姿勢がある。ひとつは、音楽の音の美しさ、和声美、構成美といった、音楽そのものに重点を置く姿勢であり、もうひとつは思想信条、感情、物語といった、音楽の中に織り込むメッセージに重点を置く姿勢である。古典派は前者、ロマン派は後者である。これがベートーヴェンが古典派というよりもロマン派の作曲家であるといわれるゆえんである。また、新古典派の名は、ロマン派のあとで再び構成美を追究した音楽が書かれたことによる。

   

最新情報

お役立ちコンテンツ

ベース初心者 中国語の発音と会話 耳鳴りの治療 職場の人間関係 相続手続き方法

演奏とは

音楽の次第を考案する段階であって、具体的には作曲とは楽譜を作成する作業である。一方、鑑賞とは、音楽活動に能動的に参加することなく、他者の創造した音楽を聴く段階である。

現実には、この3段階が厳然と区別される音楽シーンもあれば、区分が判別しがたい音楽シーンもある。また、音楽シーンによって区分の場所が変化することがある。たとえば、作曲しながら演奏(即興演奏という)する、鑑賞者が積極的に演奏に加わるということはよく行われることである。クラシック音楽では書かれた音符に手を加えずに全くその通り演奏するのが普通であるが、ジャズではその場その場でいろいろな変化を与えながら演奏する。また、3段階が揃わなければ音楽でないのでは決してなく、例えば鑑賞者のいない演奏はよくあることである。


 

 

Copyright (C) schaikal.net All Rights Reserved.